自分自身を遠慮なく褒める・良いところを見つける習慣を身に着けてください。

LINEで送る

就職活動で身に着けておきたい習慣(1)

2016年9月7日 20:10

無いない習慣が身についてませんか?

就職活動に行き詰ったり・ビビっている人達のほとんどが、自分自身を否定する癖があります。
「大したバイト経験ないし、」「リーダーしたことないし、」「TOEIC受けたことないし、」なんて、自分自身の無いない探しはたくさん見つかるかもしれません。
ですが、それらの無いないが脳内にこびりついていると、文章や面接態度に表れます。当然、面接官は見抜きます。そうして不採用のスパイラルになります。

就職活動する前、就職活動中でも、働いてからでも、大切な習慣

これから社会に向かう人達に身に着けておきたい習慣は「自分自身を肯定する」ことです。自分自身を遠慮なく褒める・良いところを見つける習慣を身に着けてください。この習慣は、後々入社後の人間関係を順調に過ごせるエッセンスになります。「無いない」習慣は人間を減点方式でしか見れなくなり、チーム全体の可能性も下げることになります。
自分自身を褒める・良いところを見つける習慣は、初めは少し恥ずかしくて難しいと思います。ですが、これを乗り越えると、自己PRが堂々と書いたり言えたりできるようになります。何故なら、あなたは事実を認め肯定しているだけですから。

自分自身を肯定するステップ

あなたに質問をします。考えてみてください。

  • 他の人はすぐにバイトを辞める人がいたのに、何故あなたは辞めなかったのですか?
  • アルバイトをする前と今とでは、何か成長したことがありましたか?
  • 何故人見知りなのに、そのサークルを選んだのですか?

このように、あなたの過去に質問することにより、「頑張った、私」と発見できることがあります。
一日一分プラスはあなたを自信に導く質問を多数用意しております。
私はアルバイトもサークルも入ったことがないという自信のない方も、もちろんご相談承ります。

一日一分プラスは、就職活動支援サービスをしてます。


一日一分プラス(イチニチイチブ、プラス)サイト上部へ