就活スーツを着こなしていますか? 今回は女性編です。

LINEで送る

就活用スーツの着こなしチェック(女性編)

2016年9月30日 20:01

ポイントは「サイズぴったりに」着こなしているかどうか

前回の(男性編)同様、女性も第一印象勝負です。少しでも優位に進められるよう、就活スーツの着こなしていきましょう。女性ポイントは、サイズです。

ヒールがある靴に慣れておく

運動靴に慣れている人は、ヒールがある靴で歩くのは苦痛だと思います。無理に高いヒールを履くのは避けましょう。3センチ以上のヒールは歩き疲れやすいですので、3センチ以下を選びましょう。
また、サイズが合っていないと歩き辛いですし、なんせ「不格好な音」が人を不快にすることもあります。長時間履ける靴かどうか、よく吟味して購入しましょう。

装飾が派手なカバンは避ける

持ち手を肩にかける場合、持ち手が長いものを選びましょう。短い持ち手のカバンは、スーツにしわができ、上げ下げもスムーズになりません(特にコートを着た時の冬)。デザインはシンプルで、装飾も控えめなデザインを選び、角形2号(A4サイズを折らずに入るサイズ)封筒が入るサイズにしましょう。
カバンに物を詰め込み過ぎると、歩く時にすぐに疲れます。足取り軽く見た目もスマートにしましょう。

ストッキングの予備をカバンに入れておく

何の拍子でストッキングが破れたり汚れたりするかわかりません。都合の良い時にコンビニがあるとは限りません。念のため、カバンの中に予備のストッキングを入れておきましょう。

スーツもシャツもサイズを合わせる

体に合わないサイズのシャツとスーツを着ても、だらしがない、もしくは、サイズを気にしない程ズボラな性格という印象が残ります。男性同様、袖が長い場合は袖詰めを依頼しましょう。
また、お辞儀した時に肌着が見えていないか、人にチェックしてもらいましょう。

肌着の肩紐がずれないようにする

なで肩さんなど、どうしてもずれる場合があります。ですが、ずれた肩紐を戻す仕草は美しくありません。1本の綿の紐を用意し、(アルファベットのHの形になるよう)肩紐と肩紐を1本の紐で結ぶとずれません。

スカートが回ってずれないようにする

骨盤がずれていたり・サイズが合っていないと、スカートが回り位置がスレットのずれることがあります。シャツとスカートを小さなピンで目立たないように止めて、回らないようにさせましょう。

結論、ジャストサイズのスーツが一番美しく見える

女性の就活スーツの最大のポイントは、サイズ合わせ。合わないサイズなだけで、だらしがない女性の印象が残ります。特に事務職希望なら、きちっとジャストサイズの服装を心がけ、良い印象を残すようにしましょう。


一日一分プラス(イチニチイチブ、プラス)サイト上部へ