就職活動で身に着けておきたい習慣(2) | 一日一分プラス 【大阪・相談】

スマートな社会人になるために身につけておきたい、習慣5つ

LINEで送る

就職活動で身に着けておきたい習慣(2)

2016年10月1日 15:20

スマートな社会人になるために。

就職活動の今のうちから、身につけたい習慣もあります。入社後も見た目も動作も思考もスマートな社会人になれるように身に着けておきましょう。

姿勢を正しくする。

姿勢を正しくすることは、良い第一印象の重要ポイントのひとつです。また、他に腹筋・背筋も使い、ダイエットにも有効ですので、猫背の方はぜひこの機会に姿勢を正しく過ごしましょう。

口を閉じ、口角を上げる。

への字口、ぽかん口は止めましょう。今後の人間関係構築にも大いに役立ちます。唇をくっつけ口を閉じ、口角を上げるようにしましょう。口角を上げるのには、顔の筋肉が必要です。顔も筋トレをし、自然な微笑みができるように習得しましょう。

口角を上げる筋肉を鍛える

新聞を読む

ニュース番組、ニュースサイトもありますが、できるだけ新聞を読むようにしましょう。新聞購読しなくても、大学や図書館で新聞を読むことができます。読み記事は殺人などの事件ではなく、政治・経済を中心に。単に読むだけではなく「私が政治家なら、どうしているだろう」と当事者になって考える癖もセットしていきましょう。
「最近気になるニュースは?」といった時事関係の質問の負担が軽減されますよ。

静かに行動をする

足音が大きくないですか? ドアや引き出しを閉める時は静かに閉めていますか?
他人の生活音というのは、意外とうるさい感じられるものです。靴音・ドアを閉める音などがうるさいと、がさつな人だと思われます。がさつな人は、仕事のミスが多いので、社会的信用度も下がります。改めて、ご自身が出す音が人より大きいかどうか比べて見直してください。
音に配慮した方の所作は、とても美しく見ていても気持ちが良いものです。みなさんも、美しい所作の社会人を目指してください。


一日一分プラス(イチニチイチブ、プラス)サイト上部へ