褒めて、表現する。 | 一日一分プラス 【大阪・相談】

一日一回は、声に出なくても、相手に対し良いところを見つけ、好意意識を持つように心がけましょう。

LINEで送る

褒めて、表現する。

2016年8月27日 10:11

素晴らしいと思ったことや感謝の気持ち・好評は、
表現する、つまり、言わないと伝わりません。

たまたま寄ったお店が丁寧な対応だった

本当はお店を出る時に「ありがとう、美味しかったです」と言いたいけど、言えなかった。そういうことがあると思います。今は、インターネットでも表現できます。お店の良かったところを入力して公開しましょう。
きっとお店の人も喜ぶはずです。

職場に苦手な人がいる

「苦手な人」が本格的な「嫌いな人」なる前に、その方の良いところを見つけるよう努力しましょう。相手はあなたが苦手意識を持っていることは伝わっています。ですが、好意はなかなか伝わりません。
なので、勇気を出して、相手を褒めてみましょう。「今日のブラウス、素敵ですね」「字がきれいですね」。
声に出なくても、相手に対し良いところを見つけ、好意意識を持つように心がけましょう。そんな小さな一日一分プラスから、人間関係が良好に導くことがあります。


一日一分プラス(イチニチイチブ、プラス)サイト上部へ