銭湯は、入浴料金約500円以内で(地域によって異なる)、ワンコインでリフレッシュできるところが魅力です。手足を伸ばしマイナスイオンをたっぷり浴びて、疲れを落としましょう。

LINEで送る

たまには銭湯を利用してみる

2016年11月23日 06:16

今日もお疲れ様でした。大きなお風呂に入って疲れを落としましょう。

疲れが残る時に、たまに銭湯を利用します。スーパー銭湯ではなく、昔ながらの銭湯です。スーパー銭湯は、レジャー化しており人が多いので、落ち着いた雰囲気の銭湯・特に人が少ない朝一番の時間帯を利用しています。
入浴料金約500円以内で(地域によって異なる)、ワンコインでリフレッシュできるところが魅力です。

銭湯の効果。

東京都浴場組合さんのウェブサイトによると、銭湯ならではの効果がわかりやすく記載されています。


手足を大きく伸ばせる、お湯を目一杯贅沢に使える、排水口にたまる髪の毛を気にしなくていいといった、醍醐味もあります。家庭用風呂と比べ、マイナスイオンも多いところも銭湯ならではです。

銭湯にもいろいろ特徴がある。

夜遅くまで営業している銭湯、ジェットバスがある銭湯、露天風呂がある銭湯、などなど各銭湯によって特徴があります。
お気に入りの銭湯を見つけて、疲れた時に活用してみてはいかがでしょうか。


一日一分プラス(イチニチイチブ、プラス)サイト上部へ